ジム選びのポイント

スポーツジムの選び方として一つは目的に合ったジムを選ぶことです。とはいっても、スポーツジムはたいてい、ダイエットもできますし、健康なからだづくりもできます。体を動かして汗をかき、ストレス解消もできます。あとは、どのようにしてそれらの目的を達成したいか?という点がポイントです。

ダンベル持つ女性ジムの中にはプールがないところがあります。水泳はヒザへの負担がなく、年齢に関係なくできるもの。エアロビクスは無理でも水泳ならできる、という人もいるでしょう。そういった人はプールがあるジムを選ぶ必要がありますね。さらに言えば、プールの設備もさまざま。どのようなコースがあるか、広さはどれくらいか、などといった点もチェックする必要があります

また器具を使って筋力トレーニングを行いたいという場合、エアロバイクやランニング用の設備など基本的なものは概ねありますが、自分が希望する器具があるか、ストレッチを重点的に行えるスペースがあるか、などといった点もチェックする必要があります

さらに、筋力トレーニングだけではなく、スタジオプログラムはどのようなものがあるか?という点もチェックするといいでしょう。ダンス系だけでもさまざまな種類があります。やってみたいと思っていたダンスがあれば、気軽に参加できるのでそのプログラムがあるジムを探してみるといいでしょう

自分に合ったスポーツジムの選び方

ジムと一言で言っても、さまざまな種類があります。本格的でさまざまな器具が備えてあり、筋力トレーニングを目的とする人が行くジムや、器具もスタジオプログラムも両方に力を入れているジム、ボクシングジムのように専門的なジムもあれば、パーソナルトレーナーが個別でトレーニングをしているジムもあります。また、高齢者向けや女性だけが通えるジムもあります。地域にもよりますが、さまざまな種類のジムがあるので、どこに行けばいいのか迷ってしまうものです。

また近年では主にダイエットを目的としたトランポリンを利用した施設や、エアロバイクを利用したジムなどもあります。加圧トレーニングジムなども多いです

女性とタオルジムで体を動かすのは、美容にはもちろん健康においても必要なことです。自分で腹筋を毎日行おうと思っても継続するのは難しいもの。しかし、ジムやフィットネスクラブに通えば、友達もできたり、プログラムなどに参加したりして楽しくできます。そのため、ジムに行くのが楽しく、運動をする習慣が自然と身につき、ダイエットもできて健康になれるというさまざまな効果を得られます。

しかし、入会してみたけれど、自分には合っていない、定期的に通えないなどということになると、効果は期待できません。行けないのに会費だけ払っているという状態に。そうならないためには、自分に合っているジム、定期的に通えるジム選びが重要です。そのポイントを知っておきましょう。